読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンド一読一考

気になる記事やニュースを独自の視点で紹介中

この話題は外せない『世界に広がる全裸レストラン、ドイツには“裸ならメニュー無料”の店。』より

話題のニュース

 

ナリナリドットコム

イギリス、オーストラリアと世界的流行の兆しを見せていた“全裸レストラン”がドイツでもオープンしたと話題を呼んでいる。

15年以上の歴史があるドイツの性見本市「ビーナス2016」の催事の一環として、ドイツの首都ベルリンにある「ブラック・キャット」という、有機食材を使ったレストランがこの試みを行った。

お客が裸になるかどうかは義務的なものではなく、裸であればお店のメニューが無料になる仕組みのようだが、ウェイトレスは大胆なトップレス、“肝心な部分”が丸見えのショーツを着ていて話題を呼んでいるとのこと。

ネットでも多くの話題を呼んでおり、「ドイツでは毎年のこと」「なぜ、人は裸になりたがるんだ」「裸の客はいいかもしれないが、裸を見せられる客は嫌だろうに」「お昼のテラス席でも?? なんて悪夢だ」「パンツだけ脱ぐから酒だけ無料にしてくれ」「正直行ってみたい自分がいるよ」「いっそ全世界のお店を渡り歩きたい」など実に様々な意見が寄せられている。

参照:2016/7/11(月) ナリナリドットコム

 

~感想~

 今度はドイツですか。夏は開放的な季節なので裸になりたがる人が出てくるのですかね。この記事のレストランは催事に合わせてのオープンということで期間限定のようですね。

 このレストランでは裸になれば無料となっているので、裸になりたい人にはもってこいの場所でしょう。知らずに入った人はびっくりするでしょうが…

 この記事では分からないですが、どれぐらいの割合で裸の客がいるのでしょうか?しかし、ウエイトレスも裸に近い姿をしているということはやはりメインは裸の姿なのでしょうか。

 全裸レストランが世界でオープンしていて興味を持ちますが、いざ行ってみようとはなかなか勇気が持てないと思いますね。

 

関連記事

私が感じた「一足お先に“全裸レストラン”、客は全員裸&バーテンは裸エプロンに。」のニュース - トレンド一読一考

日本でも!?「日本初の全裸レストランがオープン! 世界一美しい肉体を持つ男も登場」より - トレンド一読一考