トレンド一読一考

気になる記事やニュースを独自の視点で紹介中

こんな人も『「オタク層が票田になる可能性示した」 表現規制反対派・山田太郎議員、落選も30万近い票獲得』

 

山田太郎氏の公式Webサイトより
ITmedia ニュース

 第24回参議院選挙の投票が7月10日に行われた。改選121議席のうち、自民・公明の与党が61議席以上を獲得し、過半数を上回った。

【拡大画像や他の画像】

 今回の参院選で、ネットユーザーの注目を集めた候補者の1人が、現職の参院議員で、新党改革の全国比例から出馬した山田太郎氏だ。表現規制反対を訴えてきた山田氏は、マンガやアニメ、コミケを愛する“オタク層”から支持を受け、30万近い票を得たものの落選に終わった。

 山田氏は、創業した企業を上場させるなど実業界で実績をあげた後、2012年に参院議員に繰り上げ当選。マンガ・アニメの表現規制への反対を訴え、児童ポルノ禁止法改正によるマンガ規制や著作権法非親告罪化などに反対。コミケ会場で街頭演説するなど、オタク層と親和性の高い政治活動を行ってきた。

 今回の参院選では、事務所を東京・秋葉原に置き、自身の支持を呼び掛けるツイートが簡単にできるツールをWebサイトで公開するなど、ネットもフル活用して臨んだ。オタク層のネットユーザーも呼応し、Twitterやブログで山田氏支持を呼び掛ける声が高まるなど、注目が集まっていた。

 だが、再選には至らなかった。11日午前11時時点のNHKの開票速報によると、山田氏は約29万票を獲得。新党改革の全国比例から出馬した候補では、2位の荒井広幸・同党代表の4倍を超えるトップの票数を得たものの、同党が議席を獲得できず、落選した。

 表現規制反対の立場でロビー活動を行ってきた漫画家の赤松健氏はTwitterで、「山田太郎先生、落選でしたが26万票を超える得票数で驚きました。これまでは『反表現規制は票に結びつかない』というのが常識だったので、まさに『オタク層が票田になる可能性』を示した初めての国政選挙になったと思います」とコメント。

 一方で「今後の反表現規制運動は『各省庁へのプレッシャー』と『スピード』面で大幅に弱体化することは間違いない」とし、今後のアニメ・ゲームの規制対策は「今まで通り与党の先生方に頭を下げて面会してもらい、説得して回る必要がある」としている。

 落選を受け山田氏は「26万票を超える支持を頂いた事に感謝すると共に、バッチに繋げることが出来ずに大きな責任を感じています。本当に申し訳有りません。この票数はマンガ・アニメ・ゲーム表現の自由を守りたい皆さんの大きな声です。何かの形に繋げていきたいと考えています」とTwitterで表明している。

参照:2016/7/11(月) ITmedia ニュース

 

残念な結果になってしまいましたね。

候補者一人一人を調べずに選挙に行った私では、この方について知りませんでした。

山田太郎というとても分かりやすい名前とオタク層のみならず若者には一定の支持をもらえそうな政策のようなので、もっと若者の投票率が高ければ違った結果になったかもしれません。

 

 18歳から選挙権ができた初めての全国的な選挙でしたが、結局投票率は低く(過去4番目の低さ)、やはり若者が低いように思えます。

 政治家には都合が悪いことかと思いますが、インターネットを使って選挙運動まではいかなくても、選挙自体は出来るようにしたら良いのでは、と思います。せっかくマイナンバーが割り当てられたのですから、このようなときこそ利用すべきだと感じました。

 

 

 

オタクのことが面白いほどわかる本

オタクのことが面白いほどわかる本