読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンド一読一考

気になる記事やニュースを独自の視点で紹介中

そういうことか『「初体験は18の夏がいい」・・・』記事より

タイトルにつられてなんのことかと見てみたら、選挙についての記事でした。

内容は

「初体験は18の夏がいい」「CD買わなくても投票できます」 和歌山発、意表を突く18歳選挙権ポスター

 

 

参院選の投票を呼びかけるポスター=「和歌山リア10プロジェクト」のホームページより
withnews(ウィズニュース)

 「初体験は18の夏がいい」「CDを買わなくても投票できます」「大人の責任は10代でとろう」――。国政選挙で初めて18歳以上が投票出来るようになった今回の参院選に向け、意表を突いたフレーズで若者に投票を呼びかけるポスターが作られました。企画したのは、和歌山県内の学生や社会人らで作る「和歌山リア10(じゅう)プロジェクト」。発起人に話を聞きました。

【写真】全37枚のポスター紹介。「和歌山ラーメンみたくドロドロの政治家が…」「大切な『初めて』は…」

和歌山リア10プロジェクト
 プロジェクトは先月、「和歌山の10代投票率を日本一にしよう」と、県内の学生や社会人ら数人が立ち上げました。

 ホームページで投票までの流れを説明したり、若者座談会をインターネットで同時配信したり、ツイッターで「#和歌山の10代投票率を日本一にしよう」というハッシュタグ付きでつぶやくよう呼びかけたり。

 ツイッターには、自分たちで制作したポスターの画像を次々に投稿しています。

 「キミのつぶやきは、政治家の声よりも、同級生を動かす」
 「歴代の総理大臣も果たせなかった10代での投票を果たそう」
 「学級委員長を決める時に、半分欠席したらヤバくない?」
 「大切な『初めて』は信頼できる人にささげよう」
 「和歌山ラーメンみたく、どろどろの政治家が選ばれないように」

選管がやれていない部分を
 プロジェクトの発起人は、和歌山大学3年の小幡和輝さん(21)。小学校時代から引きこもり生活を繰り返してゲームに没頭しましたが、定時制高校に通いながらイベント企画会社を立ち上げ。高校生だけで経営するカフェをオープンさせた経験もあります。

 今回のプロジェクトの狙いについては、「選挙管理委員会がやれていない、オンラインでの若者向け啓発をやろうと考えたんです」と話します。

 作ったのはポスターですが、張り出すためではなくネット上で拡散されることを狙って制作。メンバーであるコピーライターやデザイナーが考えたものの中から、クスッと笑えるものや、読んでなるほどと納得できるものなどを選んだそうです。

 「まじめすぎると拡散しないし、軽すぎて遊びだとも思われたくありませんでした。そのバランスに一番工夫を凝らしました」と小幡さん。他県の団体からも「参考になるので教えてほしい」といった声がかかっているそうです。

 「投票率は、あと一週間もしないうちに結果がわかります。残りの期間で、和歌山の10代投票率を日本一にできるよう呼びかけたいと思います」

 参照:2016/7/5(火)withnews(ウィズニュース)

 

 なかなか面白い発想ですね。ものを売ることではなく選挙ポスターにコピーライティングの知恵を使ってネットで拡散させようとは良い試みだと感じました。

 政治家も票を入れてくれる人に対する政策を前面に打ち出さないと当選しないので、どうしても年配者が有利な政策になりがちです。そのため若者の暮らしはいつまでたってもよくならず、さらに貧しい若者が増えていくことになるのでは、と思います。

 これを減らすために若者が選挙に参加することにより、政治家も若者を無視できなくなり、若者に対する政策を取り入れていくことになるでしょう。

 私も、若者の貧困化を防ぎたいのでぜひ多くの10代、20代の方に票を投じて欲しいです。

 

 問題は政治になかなか興味を持てないことにあると思うので、この記事のようなポスターは興味を持たせるという意味でとても効果的だと思います。
このような記事もぜひ多くの方が拡散し、若者が選挙に行くきっかけになってくれればなと思います。

 

 

はじめて投票するあなたへ、どうしても伝えておきたいことがあります。

はじめて投票するあなたへ、どうしても伝えておきたいことがあります。