トレンド一読一考

気になる記事やニュースを独自の視点で紹介中

私が思った『18歳の社畜アイドルが、もし総理大臣になったらやりたいこと 「安楽死の合法化」「義務教育をなくす」』記事より

 

キャリコネ

お世話になっております。社畜アイドルのみちゃきです!!

さてさて、なにやら盛り上がっている18歳選挙権。調べたら若者の声を聞きたいから選挙権を繰り下げたらしいですね。だったら選挙権繰り下げと同時に被選挙権も一緒に繰り下げてほしいです。

そして、定年制も作ってほしいです。政治家におじいちゃんおばあちゃん多すぎます。悪口になるけど、ちゃんと働いている人何人いるんだろう?って感じです。定年制じゃないとしても、若い人がどんどん政治家になっていくような環境を整えるべきかと思います。

そこで今回は18歳選挙権を記念して、「もし私が総理大臣になったらやりたいこと」について書いていきたいと思います。

安楽死の合法化

これは切実に思いますね。私にはまだ遠い話かもしれません。でも、ママと話していたときに

「もしママが病気で植物人間になった時や、癌とか長期で家族に迷惑がかかるなら殺して欲しいと思うし、迷惑かけてまで生きていたくない」

といっていました。悲しい話に聞こえるかもしれませんが実際多いのではないのでしょうか?こう思う人。でも、もっと実現して欲しいのは「自由に死ねる権利」ですね。

これは条件付じゃないと自殺を推奨しているように見えてしまいます。この「自由に死ぬ権利」が使えるのは自分の死期がわかった時です。安楽死制度に似ていますがこれはもっとハッピーな感じです。

○月○日と日程を決めて、家族、親戚皆で集まってパーティーをしてじゃあねと、お別れ。……もちろん死ぬ事を喜ぶわけではなくて最後を楽しくするためです。生きる権利を尊重をするなら死ぬ権利も尊重して欲しいです。

欧州ではすでに制度化されてるところもあるようですが、問題はその家族の人が、安楽死を許すかどうかですが。大事な人が、どんな姿になってもいいから生きていて欲しいというのも、当たり前ですもん。ここが難しいところですね。でもやっぱり選択肢として「自由に死ねる権利」も欲しいです。

■午後出勤・午後登校制度

ほとんどの人は、やる気が出るのは朝ではなく午後からだと思うのです。だったらいっそのこと法律で一律で午後出勤・午後登校にすればようのでは?! 日中のだらだらしてる時間も省けるし。遅刻もきっと激減!!素晴らしい!!

特に企業勤めの場合は、ダラダラしてる午前中もお給料発生してるし、だったら午後からみんな一斉に出社でもいいのでは? と思いました。やる気のある人はどっちにしろ午前から仕事や勉強をするし。「午後出勤・午後登校制度」を作りたいですね。

■授業を受けたい人だけ受ける制度

はい!!ここからは学校関連です!!

学校の関連に関しては無駄な事が多すぎると思うのです。書いているとおり、授業は受けたい人だけ受ければいいと思います! 受けたくない人が無理に出席しても寝てたり、話きいてなかったり、邪魔なだけじゃないですか。先生のやる気も落ちますよね。

勉強したい人だけくればいい。それでテストの点が下がったとか、完全なる自業自得ですし。逆に授業聞かなくても教科書見ればわかるという人も友達にいましたし。

この場合は、通信簿の項目も変更になりますね。授業態度とかの評価欄をなくしてテストの点だけで判断することになります。高校はそうでしたしね。小学校・中学校は授業態度も入るので正直先生のひいき目入っているはずです。先生も人間ですしここはきっとしょうがないのです。

本当はテストをなくす制度も作りたいところですが、やっぱり学校に行く以上どのくらいできているかの確認は必要なので難しいですね。でも現状テストが多すぎなので上半期と下半期の2回でいいと思います。

■義務教育をなくす

これは賛否両論あるかと思います。が、受け付けません。私の思った事を書きます。

私は正直、ほとんど学校行ってません!! いや、これは盛りましたが詳しく書くと、

小学校低学年 保健室登校多め
小学校高学年 普通に通うが休み多目
中学校 保健室登校or休みor朝礼だけ出席して帰る
高校 休み多め(3か月だけ通ってやめた)
通信制高校 週2.3回なので行っていた

こんな感じです。改めて文章にすると大分行ってませんね。でも私、馬鹿だけどちゃんと生きれてますし。義務教育をなくしても大丈夫という証明になるのではないでしょうか?

というか学校の勉強以外にも学ぶ方法はいくらでもあるとおもうんですよね。基礎学力が欲しいなら自分でやるのもいいですし、予備校や塾もありです。学校に執着する意味がわかりません。学校に行ったってなんにもやらない人も多いのに。

やりたくない人は、学校に行かず自分のやりたい事を見つけるor取り組む。やりたいとこを見つけるのは早ければ早いほどいいと思います。行きたくない学校に無理していくよりよっぽど価値があるとおもうんですよね。「義務教育」は是非なくしたいですね。

こうやって考えてみると、皆、「常識」にとらわれ過ぎだと思うんです。大人になればなるほど常識が染み付いてどんどん頭が固くなる。切実にやめてほしいです。子どもは子どもなりに考えているし、もし間違っていると思ったら、ただ止めるんではなく、理由までちゃんとつけて説明して欲しいものです……。

以上!!

「私が総理大臣になったらやりたい事」についで書いてみました!  読んで頂きありがとうございました!! ぐっぱい!!

【みちゃきプロフィール 】
1997年生まれ、福島県出身の社畜アイドル。現在、労基署に踏み込まれたこともあるブラックIT企業、セブンコード(東京・新宿)にデザイナーとして勤務。趣味は料理と絵を描くこと。座右の銘は「後悔先に立たず」。Twitter@oowadamisaki

参照:2016/6/30(木)キャリコネ

 

~感想~ 読んでね

それぞれの意見について賛否両論あるでしょうが、頭の固い大人とは違った考え方でイイと思います。

個人的に安楽死の話が今日の日常の話題にあったので、この記事に興味を持ちました。

 

長生きリスクというものを知っているでしょうか?

健康で長生きすることは良いのでしょうが、そうでないなら様々なリスクが考えられます。例を出すと、年金、社会保険、介護etc.です。

残酷だと思われるかもしれませんが、このようなリスクを減らすために、さらに高齢化が進むであろう日本では、まじめに「安楽死の合法化」を考えるべきだと思います。

 

 続いて午後出勤・午後登校についての考えは、午後登校について、結果は変わらないのではないかと思います。生活のスタイルがずれるだけで、その分夜更かしもするだろうし、遅刻する人は一時的に少なくなるかもしれませんが、この制度が浸透すると遅刻する人は現れるだろうと考えます。
 午後出勤については、一斉ではなく自由に仕事をする制度には賛成です。現在もフレックスタイム制度をとっている企業も多いですが、もっと自由に働ける環境があるほうが良いのではと思います。

 

 さて、義務教育をなくすことと授業を受けたい人だけ受けるという制度に関して考えると、この意見に関しては一部賛成です。

 基礎的な読み書きや知識は必要だと思いますし、何より集団生活などの社会勉強出来ることが大きいと思います。

 それは必要なことですが、必要ではなくやりたくないことはやらなくていいのではと思います。みちゃきさんが言うように、やりたくないことをするなら、自分のやりたい事を見つけるor取り組むほうがずっと良いと考えます。

 私は、様々な考え方や人に触れ、今までの常識が崩れ、学校教育は日本にとって都合のいい人を作る場所ではないか?と感じるようになりました。

 それが正しいかどうかは置いておいて、自分の常識を疑ってみることも必要ではないでしょうか。

 筆者の戯言です。

 

 

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)