読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレンド一読一考

気になる記事やニュースを独自の視点で紹介中

私が思った『10年でパスタが作れる男子は約2割も増加! データで見る「料理男子」の進化っぷり』

 

f:id:fukey1122:20160620085806j:plain

料理のできる男性って魅力的ですよね。いつからか、テレビでもイケメン俳優が料理コーナーを担当するのが当たり前になってきています。そこで今回は、そんな「男性の料理」について、実際のところ腕前はどうなの? というところについてデータから見てみましょう。

■カレー、スパゲティ、ハンバーグが作れる男性は大幅増加

日進オイリオグループ株式会社生活科学研究グループの「男も料理の時代2009」レポートによれば、1997年調査に比べて、自分で作れるメニュー数が大幅にアップしていることがわかりました。調査では、トーストからカレー、天ぷら、ハンバーグ、茶碗蒸しなど20種類のメニューが上がっていますが、その内10種類以上を作れるという男性の割合が52%から66%に増加しています。

なかでも比較的簡単な料理を作れる男性の割合が顕著に増加していて、カレーライスは58.1%から74.5%まで増加しています。スパゲティに至っては、42.0%だったのが64.8%へと大幅に増加していました。男性の好きな料理で上位に入るハンバーグも、20.8%と低かったのが、36.1%となっています。20メニュー全てで「作れる」という男性の割合が増加しており、料理は女性だけのスキルではなくなっていることが伺えます。

■揚げ物は苦手?

ただ、増加幅の小さいメニューもあります。たとえば天ぷら、とんかつ、唐揚げといった揚げ物です。どれも男性がランチで食べそうなメニューですよね。みんな大好きなはずです。しかし、これらのメニューが作れるようになったという男性はわずかに5%程度しか増加していません。

たしかに、揚げ物は女性にとっても面倒な料理ですよね。油を用意して、廃油処理をするのも大変です。しかも家族が少なければなおさら、経済的なメリットもほとんどありませんよね。男性も同じような理由で、揚げ物が食べたいときには素直に外食したり、総菜を買って帰ってくるのでしょう。

■フライパン料理が好き?

スパゲティが作れる男性はなぜか料理上手に見えるため、女性からモテるかもしれません。しかも大抵はパスタをゆでて、フライパンで炒めるだけなので簡単ですよね。こういったフライパン料理は男性にとって大きな味方になっているようで、「男の料理」で検索すると「フライパンひとつで◯◯」というような文句がよく見られます。

アウトドア用の鋳鉄製ダッチオーブンなど、バーベキューで使えるような料理も人気が高そうです。凝った料理を作る男性はきっと、そういったイベント事で活躍してくれること間違いないでしょう。

いかがでしょうか。男性の料理の腕前は、全体的に大きくアップしていることがわかりましたね。女性のみなさんは、彼氏に料理をしてもらいたいときには、こういった統計データを示してやる気を起こさせたいですね。

文・ファナティック

 参照:2016/6/19(日)マイナビ学生の窓口

 

 という記事ですが

どこからが「作れる」といえるのか分かりにくいですが、この割合からいうと乾麺を茹でて具を作って合わせるといったことでしょう。

一人暮らしの自分を基準に考えると、そんなことぐらいは誰でも出来るのでは?とおもいますが、実家暮らしの独身男子や奥さんが専業主婦のサラリーマン男性などは、料理をする機会が無い人もいるかもしれません。

この増えているということに関しては、女性の社会進出とイクメンなどに代表される男性の家事の分担化が要因ではないでしょうか。
そして、これは今後も進んでいくでしょうから料理男子は増えていくでしょう。

 男の自分は、料理はすることは嫌いではないですが、終わった後の洗い物や片付けが面倒だと思うので、そういう面では手間のかかる油を使った料理を作りたくはないと思います。
男性はそういった面があると思うので、フライパン一つで済ませるならそのほうがいいという考えから、「フライパン料理が好き」と思えるのではないでしょうか。

 

 私の家にはガスコンロを置いてないですが、電子レンジで麺を茹でて、サラダとドレッシングで冷製のパスタを作ることもありますよ。

小麦粉から作るというのも面白そうですが、ハードルが高く感じます。