トレンド一読一考

気になる記事やニュースを独自の視点で紹介中

私が感じた「一足お先に“全裸レストラン”、客は全員裸&バーテンは裸エプロンに。」のニュース

http://p.news.nimg.jp/photo/122/1961122l.jpg

先日、英国で初めて“全裸レストラン”がオープンすることがわかり、その知らせはすぐさま全世界に拡散された。多くの人たちの羨望の声が聞こえる中、オーストラリアがイギリスよりも早く“全裸レストラン”をオープンさせ話題を呼んでいる。

すでに肌寒い夜を迎えている南半球のメルボルン。“全裸レストラン”のニュースを聞いてすぐに、地元のラジオ局は同様のイベントを企画、実現へと動いた。最も懸念されたのは、お客が本当に来るのかどうかだったが、驚くことにSNSや電子メールを通じて、参加希望とこの企画への賛同が多数寄せられたという。

そして先日“全裸レストラン”の夢は叶った。白いローブを身に纏った多数の参加者に裸エプロン(※男性)のバーテンがウェルカムドリンクを提供。その後、全員を客席に案内する。英国の“全裸レストラン”は衝立てや仕切りなどでプライベートな雰囲気を保とうとするものだったが、このお店は大胆かつ豪快、堂々と皆全裸で飲み食いを始める。

参加者の中には当初、加齢や病気などで自分が裸であることを気にしている人もいたというが、すぐにその懸念は取り払われ、「全てが受け入れられている」と肯定的な気分を感じたとのこと。食事の最後には全員裸で語り合い、写真を撮影するなど、得がたい経験を楽しんだそうだ。

ネットでは「そこが楽園か!」「意外に楽しそう。行ってみたくなってきた」「うちの街でもやってくれないかな」「あらためて思うが不衛生だろう…」「愚かさに恐怖を覚えるね」と賛否両論の意見があるようだが、“全裸レストラン”は世界的流行への兆しを見せているようだ。

 参照: 2016/5/30(月)15:59 ナリナリドットコム

 

という記事ですが、私にはちょっと信じられないところです。しかし、だからこそ興味が湧きました。

全裸のビーチがあることは有名ですが、レストランは今までなかったのですね。そして初めてできた場所がオーストラリアというのにも驚きです。

気になったことは、お客は全員全裸なのは分かりますが、店員や料理人も全裸なのでしょうか?
料理人が全裸だとすると怪我や火傷をしないかが心配になります。

私には行ってみようという勇気はありませんが、記事や写真を見る限り、楽しそうであり、一体感が生まれているようにも見えます。
裸の付き合いというだけあり、絆が深まるのでしょうか。

そう思うと、日本の銭湯や温泉も全裸で見知らぬ人同士が過ごす場所なので、海外の人からすれば信じられないという場所かもしれませんね。